株式会社ライフメールの乳酸菌モミガラボカシの利用方法

「ニンニクの作り方」で検索しますと、ニンニクを電気釜に入れて保温ボタンをおして、約一月間ニンニクを熟成すると黒ニンニクができるとなっていおりますが、株式会社ライフメールの玄米酵素液を使うとさらにおいしい黒ニンニクができるようです。まずニンニクを発酵中の乳酸菌モミガラボカシ(温度は60℃前後)の中に数日間いれたあと、(従来Webに記載されているように、)保温ボタンを押された電気釜に入れて、(毎日電気釜に付いた水滴をふき取り、玄米はこう酵素液、約200に希釈を霧吹きでニンニクに吹き付ける。)約一月間でニンニクが熟成して黒ニンニクができます。

~~~~

【記事添削依頼】

・記事タイトル:乳酸菌もみがらぼかしの変わった利用法

・記事URL:http://lmaibi.jp/t1104.html

・使用キーワード(どこから選定したかを明記ください):

乳酸菌

吸収根

嫌気性及び好気性の菌(=土壌微生物)

(使用キーワードは静岡農業技術支援共同組合のニュースレターから選定しました。)

・なぜこのキーワードを選んだか:

好気性の菌が住みやすい土壌をつくるために、乳酸菌もみがらぼかしが大量に必要になります。それを作る目的と、効果の説明のために、それを選びました。

・ライバル調査結果(上位表示しているサイトのURL):

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2151
http://lifemail2016.com/rakumou/gougai201903/
http://www.lifemail.co.jp/agriculture
http://www.lifemail.co.jp/agriculture_more/index.html#anc1

・表示結果:

ライフメールの乳酸菌モミガラボカシをつかう農法でニンジン、大根を作り始めました。この農法の特徴は、善玉菌が繁殖できる土壌環境をつくり、好気性の菌による窒素呼吸と野菜の光合成(人では呼吸に相当)を倍加することにより、不作になる要因を潰してしまう事にあるようです。

静岡県農業技術支援協同組合発行ニュースレター2019年01月号の玄米アミノ酸微生物農法Q&A 植物内のメカニズムについての記事には

「野菜の吸収根から、無機物でも有機物でも水に溶けた成分は際限なく吸収する。本来野菜の葉には光合成に必要以上の水分は含まないような機能がある。しかし、吸収根から吸収される水分がおおくなると、光合成ができにくくなる。」

と言うような記事がありました。自分は長い間、野菜の根からは有機物を吸収できないと信じていましたが、水に溶けた有機物であれば、吸収根から際限なく、吸収される。と言う事が書いてありました。実際に現場で仕事をされている株式会社ライフメール様の見識は凄いと思いました。自分の感じた事になりますが、乳酸菌モミガラボカシを畑に入れては、その周りの草を取る作業をしていると、粘土色の畑の土がすぐに、腐葉土の色になってぷかぷかの状態になります。草を取る姿勢は膝パットをして四つん這いになります。これだと全然つかれません。

関連としまして、光合成が十分できている野菜の葉は厚くて、葉に短い産毛のようなものが生えているそうです。この産毛のために、害虫が葉に近づけないから、害虫にも強いそうです。では次回まで、

PV&収益リポート】

・サイト全体のPV数:

CTR(%):

・一日の収益:

~~~~~~~~